sapporo_wanのブログ

愛犬peeさん(キャバリアキングチャールズスパニエル15歳)の日々の記録

空からのメッセージ

先々週、不思議なことがあった。

かかりつけを受診したとき。診察室で先生が点滴の準備をしてくれるのを待っていると、隣の診察室から話し声が聞こえた。

"そういえばキャバリアの○○ちゃん来てる?心臓が悪くて肺水腫を起こしてて。会社の人とかにここを勧められて通院してるって聞いてたんだけど、公園でも全く見かけなくなってー"

患者さんの声がちょっと大きめだったので、聞き耳を立てずとも内容がまるっと聞こえてしまった。

驚いた。だって、この○○ちゃんはpeeさんのお友達だったから。

https://sapporo-wanlife.hatenablog.com/entry/2020/09/27/225535

f:id:sapporo_wan:20210721014938j:image

昨年9月27日の日記に書いたイケメンシャイボーイのキャバこそが○○くん。どうやら今年の春、お空にかえっていたらしい。

当時、お友達の飼い主さんは"ニ度立て続けに肺水腫を起こしたのに、動物病院では仕方ないと言って何もしてくれない"ととても困っていた。そういう考え方もあるとは思うけど、peeさんの先生はお薬に詳しいのできっと手を尽くしてくれるとお伝えして別れたのが最後。お散歩で会えなくなって、なんとなく先生にも聞けず、実際に病院を変えたかどうかもわからず。その後のことが気になってはいたのだけど、まさかこんなカタチで知ることになるとは・・・

偶然とはいえ出来すぎ。週6日9時から19時まで病院は診療しているのに、たまたま同じタイミングで隣の部屋で、お友達が虹の橋を渡った話をしているなんてね。これはお迎えのメッセージだと察した。

こんなふうに普段の何気ない行動や出来事には実はたくさんのメッセージが潜んでいる(と思っている。笑)。それに気づき始めたのはいつだっただろう。たまたま、偶然、と言えばそれまでだけどこーいうことがあまりに頻繁に起こるので、数年前くらいから有効活用するようにしている。せっかくお知らせしてくれているんだし。

あれれ。話がそれた。

本日20日、peeさん荼毘に付しました。今ごろお友達とも再会してお尻のにおいを嗅がせてもらっているかな。ちなみにお友達はシャイボーイだったため、現世で彼がpeeさんのお尻を嗅ぐことはなかったなぁ。笑

 

本日荼毘に

悲しいことに、この2日間とも朝5時に目が覚めてしまった。peeさんが寝たきりになってからというもの就寝は2時近く、3時と5時は体位交換で必ず起きていたから。peeさんがいなくなったことをワタシのカラダはまだ理解できていないらしい。

子どもの頃から犬を見送ってきた。2011年には札幌動物管理センターから譲り受けたbeeさんを、2016年にはあにまあるから譲り受けたすーさんをそれぞれお空にお返ししてきたので、お別れに対する免疫はついているのだけど、家族に犬が欠員することは15年ぶり。正直途方に暮れている。

愛護団体のボラに復活するのは状況的に難しい。預かりボラも仕事をしているとダメだし。うーん、もやもや。

しかしピンチはチャンスである。しかも今回は大ピンチなので、おそらく大チャンスだ。そうとでも考えないとやっていられない。あーどうして焼かないといけないんだろうorz まだまだ手放したくない。

本日午後から荼毘に付す。

f:id:sapporo_wan:20210720191030j:image

 

回顧録

f:id:sapporo_wan:20210720015002j:image

愛犬 7月18日17時5分 お空へ帰る 享年15歳

18日3時に台風が発生したと思ったら、19日には台風7号まで発生していた。

f:id:sapporo_wan:20210720022228j:image

敵わないはずだわ、15歳2ヶ月と10日で愛犬は力尽きた。

開腹手術も急性膵炎も、なんなら子犬の頃の脳挫傷も。すべて乗り越えて愛犬はよーく頑張った。

富良野の山奥にある当時業界では名の知れた(悪名高い)パピーミル出身でアカラス持ち。生後5ヶ月でパテラ判明。お腹が弱くて細くて小さくて。長生きできないだろうと思っていたのに、薬が必要な心雑音が確認できたのは10歳になってから。キャバリアの場合5歳未満で雑音が出始めてしまうコもいるんだから、peeさんは運がよかった。

旭川のあにまあるから引き取りしたチワワのすーさん(享年推定12歳)がやはり弁膜症で。夜に肺水腫を起こして救急に走ろうとしたのだけど、すーさんったら車移動が超絶ストレスの増悪因子。どこかもっと家から近くに診てもらえる病院はないかと慌てて調べてみつけたのが現かかりつけさん。後日判明したんだけど、本当は普段からかかっている患畜さん限定で夜も対応していたらしい。ワタシがたまたまみつけた"どこぞの誰かが作った動物病院情報サイト"にはそんなことは一言も記載されておらず、何もわかっていないワタシからの電話を取って事情を聞いてしまった院長さんが"あー、それは診なくちゃいけないなぁ"とつぶやいたのがご縁の始まり。おまけに処置後には"あー、支払いね・・・いらないですよ"と言われる始末。もはや意味がわからない。(もちろん翌日支払いに行った。笑) 要はかかりつけのコのみ対応のため、みんな後日受診の際の会計だったので、一見さんのその場の会計ができなかったらしい。

こーなると恩しか感じない。"循環器はウチの相方が得意だから"と言っていたこともあり、当時のかかりつけからの転院を決意。前の病院もとてもいい先生たち。でも片道15km以上を通うのはすーさんには無理があった。

f:id:sapporo_wan:20210720013258j:image

弁膜症はオペ以外には根治は望めないので、対処療法として薬を駆使して何とか心臓から血液を送り出させようとするんだけど、すーさんは薬に抵抗性がありコントロールがうまくいかないタイプだった。何度も肺水腫を繰り返して、最期も肺水腫で病院に駆け込みそのまま病院の酸素室で息を引き取った。

その経験から、先生には"peeさんは自宅で看取りたい"と伝えていた。ウチの先生、お薬についてかなり勉強されていて本当に助けていただいた。動物病院を始めいろんな人の支えのおかげで自宅で看取り、なんと夢の15歳まで到達できた。感謝しかない。

眠るように逝かせてあげられなかったのが最大の後悔。これは難しいね。安楽死も選択肢には入れていたけど、peeさんの症状が日によってずいぶん違っていたこともあり、決断できなかった。。。

どっちがよかったのかはわからない。でも最期にどんどん白くなっていったお顔は一生忘れられないな。苦しかったよね、ごめんなさい。

明日荼毘に付します。

f:id:sapporo_wan:20210720020705j:image

お別れ

朝から留置に薬液が入っていかない。角度を変えても何してもダメ。仕方なくかかりつけへ電話して、受診時間を早めてもらう。

とうとう後ろ脚に留置かーと思っていたら、先生右前脚の内側(人でいうと正中皮静脈)からとった。前脚は橈側の皮静脈だけじゃなかったのね。ありがたいー。この時点では、また寿命がのびた気がした。

しかし、昨日あたりからまた一段と嚥下がうまくいかない。どんなに少しずつシリンジでいれても口の中に大半がたまって、なくなるまでに随分と時間がかかるし、あっという間に疲れて動きが悪くなる。飲んだあとには呼吸とともに小さな咳とぐじゅぐじゅと音がして絡んでいる様子。食べられなくなったときは安楽死も考えないとと思っていただけに、覚悟させられた。

そもそもこれほど全身が脱力状態で全く力が入らないし異常呼吸も出ているのに、嚥下の機能だけ残存しているわけがない。3日前からはウンチも自動では出てこなくなったし、オシッコもヒーヒー言っている最中に気づけば出ていることを考えるとおそらく力めなくて苦しいんだろうなぁ。とにかく生きるための力がガタ落ち。

この状況で輸液を入れて栄養を取り続けることは得策ではないと思ったので、担当医とも輸液は使わないでおこうーと話した。

飲めないと思いたくなかったし、動物である以上は飲めなければ終わり。なので、次また水を欲しがったときは飲ませようと決めていた。流動食は喉の通りをよくするために薄めて口にいれた。

でも、うまく飲み込むことができず最後は呼吸ができなくなってしまった。

飲ませなければもう少し生きられたかもしれない。後悔は尽きないけど、飲ませた場合と飲ませなかった場合の差はどれだけだっただろう?自力で立つどころか首を動かすことすらできず、苦しいままでただ生かされることは望んでいなかったよね。

 

7月18日 17時05分 お別れ

f:id:sapporo_wan:20210719004121j:image

旅立つ15分前のお写真。眠るようには逝けなかったけれど、お家で家族で見守ることができました。心臓の鼓動は最後までしっかりしていた。頑張ったね、peeさん。

 

オオカミ少年

深夜もときおりパンティング(本当にときおりかどうかは不明。飼い主寝ていて気づいていない可能性アリ)  通りにくかった右前脚の留置も、朝5時の注射はなんとかクリア。その後、念のためにかかりつけ受診前にヘパ生で試してみるも問題なし。

またしても昼前には呼吸が弱くなり、口を開け始める。いよいよダメか?と思ったけれど今回も回避。いつどうなってもおかしくないけど毎回ありがたいことに肩透かし。恒例となったこの展開はまるで「オオカミがきたぞー」のオオカミ少年。笑 何卒今後も嘘をつき続けてほしい。(嘘もなく無事ならそれが一番いいのだけれど)

 

f:id:sapporo_wan:20210718105202j:image

午後からは鍼灸治療へ。治療後は少しいい顔になった。やっぱり東洋医学って素晴らしい。

お昼まではよかったのに

f:id:sapporo_wan:20210716200512j:image
↑お昼に砂肝を頬張るご機嫌さん。このときはまだよかった

 

本日かかりつけは午後からお休み。そんな日に限って午後から体調はイマイチに。パンティングが多く、いつも以上に嚥下が思わしくない。食後のグプグプと水の絡んだ咳は流動食だろーなぁ。調子良くシリンジに食いついてきて飲んでるっぽいんだけど、誤嚥しているのかもしれない。うまくいかないorz

夕方には注射の代わりに、セレニア16㎎とプレドニゾロン5㎎×1/2の内服成功。ファモチジンは手持ちがなかったので残念だけど、まぁよしとしよう。

あとは明日の受診まで状態安定&左前脚の血管が問題なく機能してくれることを願うのみ。

 

f:id:sapporo_wan:20210716200041j:image

↑weather newsより

台風に発達する可能性のある熱帯低気圧が、明日にも沖縄のはるか南東で発生するらしい。嫌な予感しかしない

今日もよく頑張りました

14日朝、発作を抑えるお薬(イーケプラとフェノバール)をインジェクションプラグから入れようとすると、昨夜よりもややプランジャーの感触が重い。お昼の分についてはもう全く入れることができなくなってしまった。

病院に電話すると「いつでも来てください」とのお返事。ホントにいつもありがたい。

ところで、犬の足のルートは各1箇所ずつしかとれないのね。(あとは頸静脈らしい) 今回のpeeさんの場合、金曜朝に取ったのが水曜にダメになったので使えたのは5日。足4本分で順調にいっても合計20日、後半のほうが血管の状態はよくないはずなので、もっと早く使えなくなる可能性が高い。さて血管とpeeさん本体、どちらが長持ちするかなぁ。泣

イーケプラのドライシロップは飲めるかもしれない。フェノバルビタールはどうだろう?今はわりと食欲もあり、毎日砂肝と一緒に心臓のお薬も飲んでいる。とても頑張っているいいこさん。

 

f:id:sapporo_wan:20210715201615j:image

毎日おうちで高濃度酸素吸入。発作への効果のほどは?だけど、酸素室のようなストレスもない